浄水器の選び方と評判について

水道水に含まれる有害物質を除去しカルキ臭さも消してくれる浄水器は、様々なメーカーから発売されていて評判の高いものもあります。たくさんあるのでつい評判が高い浄水器を選びたくなりますが、実は自分に適したものとは限りません。選び方のコツは設置の手軽さや費用で選ぶ方法があります。評判良い浄水器でも設置タイプにより導入コストも違います。

浄水能力がある程度あってすっきり取付が出来る蛇口直結型は、水道蛇口の先端に取り付けるタイプで一番普及しています。手軽に設置が可能でコンパクトなのでシンク周りもすっきりで、価格は数千円ぐらいと気軽に購入しやすいです。カートリッジは小さいので容量は少なく2ヶ月から4ヶ月ぐらいで交換が必要です。水道の蛇口自体に内蔵をしているタイプもありますが、これは蛇口ごと取り替える工事をします。

除水能力が高いのは据え置き(シンクトップ型)です。浄化装置をシンクの近くに置いたり壁にかけて、蛇口の先端と機器本体をホースで繋いで使います。原水と浄水の切り替えコックで切り替えが出来て、蛇口直結型より浄化装置が大きいのでろ過水量やろ過能力が大変高いです。アルカリイオン水や調理向きの軟水が生成出来る製品もあって、カートリッジ交換は年に1回から2回程度と比較的長く手間はかかりません。

設置のためのスペースが必要で導入コストは高いです。一番手軽で導入コストが安いのがポット型です。ピッチャー型とも祝えるポットの中に組み込んだカートリッジで浄化します。水道水を注ぐだけで浄化が出来るので価格も安く、ウォーターポット感覚で使えるので初めてでも使いやすいです。

ろ過量は少なく時間がかかるので大量に使うときは向いていなく、フィルターの交換時期は2ヶ月から3ヶ月と短いです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*