自分でできる水道詰まりの修理

キッチンやバスルームなどの水回りで多いトラブルが、水道詰まりです。キッチンでは排水溝に食べ物の小さなゴミや使用した油が詰まってしまったり、バスルームでは髪の毛や石鹸・シャンプーのカスなどが詰まってトラブルになってしまいます。フィルター機能はあるものの、すべての異物を取り除くことは難しいため水道詰まりが引き起こされます。そんな状態を改善するためには、異物を取り除くことが大切です。

ものによっては自分で修理することも可能ですので、その方法を知っておくと水道詰まりが起こったときにすぐに対処することができます。修理として、最初に行いたいのがパイプクリーナーを利用することです。油などを溶かしやすいキッチン用、髪の毛を溶かせるバスルーム用と専用のクリーナーがあるためそれを利用していきます。汚れを落とすというよりも、詰まりの原因となる汚れを溶かしたり分解する効果があります。

通常の洗剤よりも強力なちがらがあるため、皮膚にかからないように注意して利用します。自分でできる修理としては、物理的に除去するという方法もあります。子どもの悪戯でトイレにおもちゃをつまらせてしまったときや、スプーンなどがキッチンの排水溝に入ってしまったときに有効です。水を張ってラバーカップを詰まった部分に当てて、ゆっくり引き抜くだけでとることができます。

その他の方法としては、排水管自体を取り外して修理するという方法もありますが、不安な場合には専門業者に頼むことが無難です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*